FC2ブログ
KCCブログ
高知情報ビジネス&フード専門学校(KCC) の教員によるブログです。
「ゲームクリエイター学科」プログラミングの勉強はこんな感じじゃぞ!!
みなさま、梅雨らしい天気でムシムシするのぉ。
これから熱中症の季節であるからこまめに水分を取るんじゃぞ。

ゲームクリエイター学科の忠兵衛ですぞ!!
20180620_001.png

前回の電子書状(ブログ)
プログラミングの話を少ししたのじゃが、画像が小さくて
よく見えなかったようじゃから、大きくして説明しようかのぉ。

「ゲームクリエイター学科」では「C言語」といわれる
電子箱(コンピュータ)に指示を与える言葉を学ぶぞよ。
わしも南蛮の言葉を学んだ時はチンプンカンプンでよくわからんかったわぃ・・・

電子箱(コンピュータ)は指示されたことをひたすら文句も言わずに
実行するんじゃ。忠実な兵士じゃのぉ。
エレキテルさえあれば、壊れない限りずっと動き続けるんじゃ。
電子箱(コンピュータ)の出来る事は・・・なんと「計算」じゃ!!
っていうか計算しかせんのじゃ!!!
その計算結果を音や映像、画像、文字に変えて我々に報告してくれるという訳じゃ。

話が長くなったが、この指示をあたえる言葉「C言語」は
入学してから10月の国家試験(基本情報技術者試験)を受験するまでは机上でガッツリ
基礎を学び、その後で実習という形でプログラミングの経験を積んでいくんじゃぞ。

こんな感じじゃ!

20180620_002.png

今回は、見えたかのぉ・・・
前回も説明したが、このプログラムは「バブルソート」と呼ばれるバブリーな並べ替え
処理を電子箱(コンピュータ)に指示した命令書みたいなもんじゃ。

代表的な処理には名前がついておる。

並べ替えの処理でも

「バブルソート」
「シェーカーソート」
「ヒープソート」
「クイックソート」・・・

すべてある条件順に並べ替える処理なのじゃ。

蹴鞠(サッカー)に例えたら

シュートにも沢山の名前がついておるじゃろ。
たんなるシュートから
「オーバーヘッドキック」
「隼シュート」
「カミソリシュート」
「ドライブシュート」
「タイガーショット」・・・

多少某アニメの影響が強いが・・・細かな事はきにするなかれ。

結局はどれもシュートなのに名前が違うじゃろ?

良く解らない例えだったかもしれんがのぉ~

まぁよい。

ゲームはもちろん、様々なソフトウェアを作ってみたい!!!と興味のある方は
我が「ゲームクリエイター学科」の門を叩かれるがよかろう。

来るものは拒まず!みんなで楽しくお勉強じゃぞ!!!ッカッカッカァカッカ~~
スポンサーサイト