KCCブログ
高知情報ビジネス&フード専門学校(KCC) の教員によるブログです。
福島ゲームジャム
8/3〜4にかけて、福島ゲームジャムに参加してきました。
http://fgj.igda.jp/

ゲームジャムとは、その場で出会った人たちが即興でゲームを作ろうというイベントです。今回は出会ってから30時間で作ろうという制限がありました(30時間はゲーム製作しようと思うとギリです)。
福島ゲームジャムという名前の通り、福島県南相馬市で実施されました。ゲーム(広い意味でIT)を通じて様々な風評被害にさらされることなく東北の復興に一役買おうという取り組みで、今回で3回目です。私自身は昨年に引き続いて2回目の参加です。
世界で同時開催され、全体での参加者は500名を超えるとのこと。日本でも9ヶ所で開催されました。

イベント自体は土日の2日間ですが、集合は金曜の深夜に東京に集合。バスで福島県まで移動します。
※ちなみに福島から東京までもバスで移動します
blog1.jpg

早朝に到着し、被災地の視察をしました。今回の会場となる南相馬市は、福島原発から20km圏内に入る地域も多くあり、未だに避難されている方も多数いらっしゃいます。

8月だというのにこの気温。寒かったです。
blog2.png

津波で流されてしまった家。人は戻ってくるのでしょうか。
blog3.jpg

道端に設置された線量計。0.163μSv/hを指していますが、去年よりも下がっているそうです。
blog4.jpg

地元の子供たちとコラボ。子供が書いた絵がゲームの中に登場します。
blog5.jpg

会場内はこのような感じ。この会場だけで全8チーム。プロのゲームクリエイターやゲーム系の専門学校生や大学生も数多く参加していました。また、Ustreamで生放送も配信されていました。
blog6.jpg

最後に南相馬会場での参加者で。
blog7.jpg

今回、開発したゲームはこちらから遊ぶこともできます(スマホだとうまく動かないかも)。



今回、自分たちが作ったゲームはあまり完成度が高くありませんでしたorz
しかし、自分たちでやり遂げた達成感は何物にも変えがたいものがあります。
少しでも、復興に役立てたなら幸いです。


日経トレンディにも掲載されました。ちなみに私も掲載されています^^
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130809/1051404/
スポンサーサイト